後列左から:山本瀬里さん 権守志映さん 保坂彩夏さん 中込綾美さん
前列左から:小暮 篤くん 荻野慧人くん

Q:1年間を振り返って、どうでしたか?
中込:1年間、焦りや不安ももちろんあったけれど、毎日声をかけて指導してくださった先生方や、自習室で朝早くから夜遅い時間まで頑張っている周りの人の姿に支えられ、励まされ、安定した精神状態で勉強に取り組むことができました。

山本:充実した1年だったと思います。予備校の先生方や友人のおかげで、浪人の1年間をプラスに考えて過ごすことができました。人生の中で意味深い1年にできました。甲斐ヨビのおかげです。
Q:現役の時との違いは?
小暮:現役の頃と比べると、勉強に対する態度が大きく変わったと思います。当時は、自分でわかる分野の授業では、少し斜に構えたような態度を取っていましたが、浪人してからはどの授業も新鮮で、しっかりと集中して受けることができました。そして復習までしっかりこなすようになったところが大きかったと思います。

保坂:現役の時は何をやるべきかをよく考えず、ただ勉強していた気がしますが、今年は先生方のアドバイス等も受けて、より質の高い勉強ができたと思います。いろいろな問題に手を広げすぎず、予備校のテキストを中心にして勉強を進められたのは良かったと思います。
Q:この1年で最も頑張ったこと、意識したことは?
山本:まとめノートを作ること!物理の湯浅先生がおっしゃっていて、ほぼ全ての教科でまとめのノートを作りました。自分の中で知識が整理されていく実感がありました。

荻野:疑問に思った点はすぐに先生に質問し、そのままにしておかないようにしました。
Q:甲斐ヨビで良かったと思うことは?
保坂:甲斐ヨビはとてもあたたかい予備校です。先生方が親身になってサポートしてくれます。学習面だけではなく小論文や面接の対策も丁寧にやってくださったので、本番でも緊張せず、自信をもって臨むことができました。

山本:とにかく先生方の熱量があって、いつでも親身になってくれるところ。どんな時でも、必ず最大限のサポートをしてくれました。5階の事務室に行けば必ず誰かがいて、話を聞いて力になってくれたのも本当に心強かったです。

小暮:テキストがしっかりしているところ。テキストの復習をしっかりやることが合格への最大の近道となりました。
Q:勉強面以外のことを教えてください。
中込:毎週始まりのHRで喝を入れてもらったり、気分転換に先生や友達と話せたので、余計な不安などがなく勉強に集中できました。
 
荻野:友人の存在は大きいですね。勉強の意見交換であれ雑談であれ、同じ目標を持ち、高い志のある仲間と話をすることは精神的負担の軽減にもつながりました。

権守:困ったことがあってもなくても5階の事務室に行くといいです!先生方の笑い声を聞くだけで前向きになれます。予備校生専用の自習室の存在もとっても良いです。本当に静かなのでぜひ利用してください。
Q:新たに予備校生活を送る人へメッセージをお願いします!
荻野:精神的にかなりつらくなると思います。そういう時には周りに相談しましょう。甲斐ヨビは決して一人ぼっちにはしない予備校でした。助けになってくれる人は大勢います。

中込:浪人したからといって絶対に上手くいくわけでもないし、思ったようにいかなくて不安になることもあるかと思いますが、自分の目標を忘れず逃げずに頑張ってほしいです。
Q:最後に今後の抱負を聞かせてください。
権守:受験生時代に培ったあきらめない姿勢で、これからも何事にも一生懸命取り組んでいきたいです。

荻野:やっとスタートラインに立てたと思っています。気持ちを新たにしてがんばっていこうと思います。