理系専門予備校の利点は「理系志望の受験生が効率よく成績を上げ、第一志望に合格するための環境を整えている」ことです。 甲斐ヨビでは対象生を理系に絞り、その分空いた時間割を理系学部の受験に必要な科目に割り当てることで、すべての受験生に最適なレベルの講座を用意しました。
全45講座の集団授業は、英語は6レベル設定の11講座、数学は6レベル設定の12講座、国語は現代文、古文、漢文をセンター基礎レベルと標準レベルに分けるなど細分化した6講座、理科は最大4レベル設定で計12講座、社会もセンター対策にしっかり対応する計4講座などを開講します。さらに個々の学力の補填をする個別指導や添削指導を実施します。


3.個別指導タイムで学習の質向上!

集団授業だけでは、本来個々の生徒が持っている弱点の掌握と解決はできません。特に理解を必要とする理系科目においては、本人が弱点を弱点と認識していないことが多く、成績の向上を阻む大きな要因になります。そこで、個別指導タイムを授業に組み込みました。日々の疑問点の解決や、本人も気づけない弱点を講師が指摘することが可能です。自分から質問することが苦手な生徒にも、講師が個々に声をかけるので安心です。

5.自分だけの時間割が作れる!

個々の生徒によって得意科目、不得意科目はあります。甲斐ヨビでは5科目ともレベル設定や取得講座数を現在の学力と照らし合わせ、担任と話し合った上で決められるオンリーワンカリキュラムを取り入れています。前期は基本をしっかり学んで、後期から応用力をつけるなど教科ごとに効果的な学習が可能です。

時間割例はこちら。

1.専門科目を45講座に細分化!

センター試験+2次科目で必要となる英語・数学・理科において、目的に合った講座が必ず見つかります。標準的な国公立2次レベルから、難関大クラス、東大・医学部クラスまで様々なクラスを設置しています。また、それぞれの科目において土台となるセンター対策講座も充実させています。特に、英語と数学においてはセンター対策の講座も2レベル設定で、しかも併用可能です。山梨大学などセンター重視校を受験するならセンター対策も万全で臨むことができます。

2.君の質問に即対応!

どれだけ授業を細分化しても、授業を聞くだけでは疑問点がでてくるのは当然のことです。甲斐ヨビは英語、数学、国語、物理、化学、社会の講師が常に待機し、いつでも分からない事を聞ける体制を整えています。これにより、疑問をため込まず1歩ずつ確実に前進しながら学習を進めることができます。実はこれこそ、甲斐ヨビ生がわずか1年間で実力をつけることができる一番の要因なのです。

4.国語も基礎から徹底的に指導!

センター重視の大学において、国語の占めるウェイトは決して無視できるものではありません。しっかりとした対策をすることで他の受験生に対し大きなアドバンテージを得ることができる教科です。甲斐ヨビでは国語においてもセンター対策の現代文と古典を、基礎からじっくり学べる講座と、センターの形式に対応した解法を学べる講座の2クラスを設置しています。理系専門だから目標点を明確に定められピントの合った講義を受けられます。国語が苦手という人は大いに期待してください。